京つう

  日記/くらし/一般  |  その他

新規登録ログインヘルプ



上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2010年01月07日

不思議の国のアジア

アジアを旅すると時々おとぎ話の世界に迷い込んだような錯覚をおぼえる時がある。

ホーチミンシティ、旧南ベトナムの首都サイゴンである。
ブイビエン通の小さな飲み屋では店内に客が座るスペースが無く、店の前の歩道に椅子やテーブルを並べビールをあおる。

夜12時、暗い通りからふっと女の子があらわれた。
マッチ売りの少女ならぬ、薔薇売りの少女だった。
普段なら買わないが、この日は何故か一本買ってみた。
そのかわり少々写真のモデルになってもらう。




私の向かいに座ってたベトナム人男性と一緒に。
月並みだが美女と野獣という言葉がぴったりだ。


そして買った花はベトナムの夜のシンデレラに。
物語のシンデレラは十二時に魔法がとけてしまったが、ここはベトナム。東南アジアタイム。
時間通りに事は運ばない。
  


Posted by 遊都夢  at 23:10Comments(0)ベトナムの古都

2009年11月29日

緬甸美少女図鑑

バゴーの街の中心には高さ114mのシュエモードパヤーという仏塔がある。

そのシュエモードパヤーで参拝に来ていたちょっとカワイイ女の子に思わず視線を奪われた。
すると後ろから来た男がそれに感ずいたのかニヤニヤしながら、私にその女の子の写真を撮れとジェスチャーで合図してきた。

撮ってみたいのはやまやまだがしかし、いきなり見ず知らず女の子、しかも言葉が通じるかどうかわからない相手にどうやって声をかけたらいいんだと躊躇した。すると親切にも先ほどの男が女の子を呼び止めてくれた。


男のおかげで無事に写真を撮ることができ、お礼を言いつつも内心、彼のニヤケタ顔を見ながら
ミャンマー人の男も日本人の男も女性の好みってそんなに変わらないんだなぁなんてことを思ってた。

すると今度は後ろから、その男の奥方がやってきた。女の子を前にニヤケタ亭主の顔見て奥さんは怒るんじゃないかと一瞬思った。
しかし、写真を撮った女の子は、なんとその男の娘だった。
男はニヤケタと言うよりたんに自分の娘が写真に撮られてたんに嬉しいだけのようだった。

ちょっぴり大人っぽいお姉さんも一緒にもう一枚。


  


Posted by 遊都夢  at 19:38Comments(0)ミャンマーの古都

2009年11月19日

ばななガール2

前回と同じくバゴーのマーケット。

別のバナナ売りの女の子。

突然得体の知れない外国人にカメラを向けられて、この表情。


その様子を見ていたまわりの大人から彼女になにやら声がかかる。

現地の言葉なので私は知る由もないが

「あんた写真撮られてんだよ!いい顔してやんな!」
とでも言われたんだろうか?
もう一度カメラを向けるとテレながらもこの笑顔。

それにしてもよく頭の上のバナナを落とさずに歩くことができるもんだ。
  


Posted by 遊都夢  at 19:59Comments(0)ミャンマーの古都

2009年11月10日

ばななガール

ヤンゴンの北東約70km、13世紀から16世紀にかけてモン族の王都であったバゴー。

小雨の降る中、バゴーのマーケットでバナナを売り歩く女の子に出会った。

こんな眼差しで見つめられたら買わないわけにはいかないな。

でもゴメン、一本だけだ。

  


Posted by 遊都夢  at 20:57Comments(0)ミャンマーの古都